長期優良住宅

この会で提案申請をしました「東京/森の木の家プロジェクト」

2009年度第2回、2010年度第1回第2回「長期優良住宅先導事業」国土交通省

にて、計3回もの採択をされました!

 

※国土交通省 長期優良住宅情報公開システム(住宅の新築部門) >>詳細はこちら

長期優良住宅の基本的な考え方

前々回は「地域産材の活用」を、前回は「見える化」を住まい手に提示する取り組みが評価されました。
今回は木造住宅の耐久性を高め、定期的に不備箇所を改善し、中古住宅においても家守りが付帯していることを軸に提案しました。東京家づくり工務店の会では前回、前々回に引き続き3回目の「長期優良住宅先導事業」の採択となりました。

●将来改善しづらい箇所を事前に措置を施す
●中古住宅流通時に、永続・恒常的に家守りが付帯させる
●信託スキームを活用した完成保証制度の構築
●インスペクション(検査・点検)方式の統一及び保守点検費用の預託制度の確立

 
 

長期優良住宅の基本的な考え方

 
 

地域工務店の恊働による住宅維持保全スキーム

 
  
▲ページTOP