省エネ・省CO2住宅

地球温暖化防止のために私たちが始められること

省エネ・省CO2住宅への取組み東京家づくり工務店の会は野池政宏氏が主宰する自立循環型研究会の会員です。すでに実用化あるいは製品化された身近な省エネ・省CO2技術を使用し、居住性 や利便性を向上させつつ、住まい手が居住時においてエネルギー消費を半減させるために必要なデータ収集・分析やノウハウ提供、また建物お引き渡し後に住ま い方のアドバイスなどを積極的に行っています。さらにその研究成果を全国フォーラムで発表し、新たな技術開発に役立てています。

 

 

 

自立循環型住宅とは?

    1. 気候や敷地特性など立地条件と住まい方に応じて極力自然エネルギーを活用した住宅
    2. 建物と設備機器選択に注意を払うことによって居住性や利便性を向上させた住宅
    3. 居住時のエネルギー消費量(CO2排出量)を2000年頃の標準的な住宅と比較して50%まで削減可能な住宅

 

13要素技術の手法と省エネルギー効果

13要素技術の手法と省エネルギー効果1 13要素技術の手法と省エネルギー効果2

 

▲ページTOP