工務店とハウスメーカーとの違い

工務店にはハウスメーカーにはない「良いところ」があります。

 

家づくりに悩む施主さま「家づくりは、地元工務店より大手ハウスメーカーの方がいいのでは?安いのでは?」と、まだ多くの方が考えていらっしゃるかもしれません。
でも、実は違います。

 

お施主様のご要望に沿った家づくりは、工務店の方が叶えて差し上げられると私たちは自負しています。このコーナーでは、私たち工務店とハウスメーカーとの家づくりの違いをご紹介いたします。

 

ハウスメーカーと工務店の特徴

ハウスメーカー

  • 展示場と営業マンの経費・設備投資が大きい
  • 量産住宅
    (規格があり、自由設計でない)
  • 下請け工務店の監督が多くの棟数を担当する
    (1棟額が安い→多数の請負→細かい対応不可)
  • 縦割分担
    (営業→設計→工務→下請→住まい手の想いが伝わりにくい)
  • 標準仕様以外のオプション単価が高い
  • 熟練大工、職人がいない
    (特注ができない、もしくは金額が高くなる)
  • ブランドと社会的信用が売り
    (家を造るのは、結局、下請け工務店)

↓

お任せタイプの住まい手さん向き

工務店

  • 住まい手さんの生活スタイルに合わせた家ができる
  • 総予算の工務にかける費用が大きい
    (無駄な経費、宣伝費が少ない)
  • 契約の受注者と施工者が一緒
    (直接施工で責任がハッキリしている)
  • 営業、設計、工事の間の連携が取れている
    (工事が始まっても営業、設計担当は関わる)
  • 工業化住宅で全国一律なメーカーハウスでは、無垢の木、自然素材などでの手作りは難しいが、熟練大工や職人がいる工務店では可能。

↓

家づくりに想いのある住まい手さん向き

 

 

 工務店特有の不安を払拭するために

 家づくり家づくりに関わりたい、想いを実現したい住まい手さんには、工務店との家づくりは理想的です。
ですが、地元工務店という不安もあることも、私たちは認識しています。

 

そこで、その住まい手さんの不安を解消できる施策をTO-IZでは行っています。

 

洗練されたデザインや提案ができないのでは?

↑

住宅技術・設計力・施工力向上へ取り組み、さまざまな活動へも積極的に参画し、その中心的な役割を担っています。

いつ倒産するか不安。建てた後は放って置かれるのでは?

↑

TO-IZメンバー工務店が万が一、倒産した場合、他のメンバー工務店が工事を引き継ぎます。
さらに完成保証もご用意。家を建てたあとも「家守りサービス」でずっとお付き合いしていきます。

コミュニケーションが取れず、勝手に会社や担当者の都合で進められるのでは?

↑

TO-IZの家づくりは、住まい手さんとのコミュニケーションなしには進めない注文住宅。
住まい手のさんの想いを実現するのが、私たちの目標であり、方針です。

 

▲ページTOP