施工事例たえんの家 練馬区

岡庭建設

taen

 

「縁」が生み出す豊かな暮らし。

袋小路でつきあたりの敷地に生まれる「たえんの家」。
たくさんの「えん」と連なる意味合いから付けたハウスネーミングです。
突き当りの敷地「エンド」 おうちの近くにある公園の「園」私たちに出会った、偶然の「縁」 出会うべきして出会った土地との「縁」 そして、その隣に建つ家は、なんと、おかにわで建築された「縁ハウス」!!なんです。

 

taen (2)      

taen (1)

たえんの家には大きな窓が取り付けられ、たくさんの光と風景を暮らしの中に取り込みます。リビングとつながるウッドデッキには、シンボルツリー(アオハダ)が植えられました。そこに、ちょっと腰かけられるベンチをつけてカフェやひなたぼっこを楽しめるようにしています。

taen (5)

LDKの中心となるのはキッチン。キッチンを囲んでリビングとダイニング、畳コーナーが配置され、それらはぐるっと一周できる回遊性をもっています。とっても動きやすく、誰がどこで何をしているのかもキッチンから眺めることができます。キッチンにはパントリーがつくられ、お片付けもラクチンです。

 

taen (3)

リビングの小上がりは、天井には杉板をあしらい落ち着いた空間に仕上げました。
窓からは敷地に植えられた緑を眺めることができます。

taen (8)

2階のオープンルーム。「たえんの家」は、杉をふんだんに使ったおうちです。構造材には山長商店の紀州産の杉材を使用。美しい木目の柱と梁にご注目ください。フローリングも杉。杉はその色合いと柔らかな足触りが特徴です。

 

taen (7)

「たえんの家」には、隣地の緑や大きな空を眺めることのできる窓がたくさんあります。季節を感じ、暮らしを楽しむための工夫です。その窓の一つに、小さなカウンターと本棚を置いて小さな書斎スペースをつくりました。

▲ページTOP